(雑 誌)

刊行物・電子媒体をご購入いただけます。


月刊誌
厚生の指標  毎月15日発行
  B5判・64頁・定価(本体880円 + 税)・送料実費 *000

 衛生と福祉,介護および保険と年金,雇用,賃金についての論述、解説等や、厚生労働行政に関する基本統計を
速報掲載しており、 関係方面は勿論のこと、一般読者にも広く愛読利用されている好評月刊誌。

月刊誌「厚生の指標」では、時宣に応じ、特集号を刊行しています。
   特集号バックナンバーはこちら


最近刊の 掲載論文のサマリーをご覧いただけます。
過去の掲載論文の検索・参照のサービスを賛助会員様あてに提供しています。

厚生の指標・増刊
国民衛生の動向    8月下旬発行   2014/2015年版は8月下旬発行予定
  2013/2014年版
  B5判・504頁・定価(本体2286円 + 税)・送料実費 *0021300(H25.8)
 
 第1編をリニューアルし、@衛生を取り巻く社会状況A社会保障の動向と社会保障各分野 の概要B保健医療の主な動向・概要を解説。在宅医療と介護など分野横断的な課題を新たに コラム欄で解説。保健衛生関係業務担当者、医学・看護資格を目指す方、一般の方にも 利用をおすすめします。
 内容構成は下記のとおりです。
第1編 わが国の衛生の潮流と衛生行政 ← リニューアル
第2編 衛生の主要指標
第3編 保健と医療の動向
第4編 医療保険・介護保険
第5編 薬事
第6編 生活環境
第7編 労働衛生
第8編 環境保健
第9編 学校保健
統計表(各編基本統計表)

目次はこちらをごらんください。

国民衛生の動向バックナンバー集電子版DVDのご案内
  


国民の福祉と介護の動向  8月末発行   「国民の福祉の動向」改題   2014/2015年版は8月末発行予定
  2013/2014年版
  B5判・320頁・定価(本体2000円 + 税)・送料実費 *0041300(H25.9)
    
2013/2014年版は『生活保護制度の見直しと新たな生活困窮者支援対 策』『平成24年度の福祉と介護の動向』を特集。精度の高い最新の 統計データに基づいたわかりやすい解説で好評。福祉・介護分野の 実務に!授業に!国試対策に!また、広く一般の方々にも利用を おすすめします。
 内容構成は下記のとおりです。
特集1 平成24(2012)年度の福祉のと介護の動向
特集2 生活保護制度の見直しと新たな生活困窮者支援対策
第1編 社会福祉を巡る近年の動向と背景
第2編 社会福祉の体系と歴史
第3編 次世代育成支援・児童家庭福祉
第4編 障害者福祉
第5編 介護と高齢者福祉等
第6編 公的扶助等
第7編 地域福祉等
第8編 戦傷病者戦没者等の援護
第9編 社会福祉を支える基盤
統計表 (各編基本統計表)

目次はこちらをごらんください。

国民の福祉の動向バックナンバー集電子版DVDのご案内

保険と年金の動向
  2013/2014年版
  B5判・393頁・定価(本体2000円 + 税)・送料実費 *0061300(H25.12)
 医療保険、介護保険および年金制度の現状、これまでの改正経緯や動向について詳しく解説したもの。主要国の状況も掲載し、比較してご覧になれます。
 関連統計データも多数掲載し、社会保険制度、年金制度に関する解説版、速報版として、活用いただけるもの。
2013/2014年版では、平成25年度の診療報酬改定をはじめ、できるだけ新しい情報に更新するよう努めてまいりました。また、本文中の索引にあたる単語を太字で表記するようにいたしました。
 内容構成は下記のとおりです。

第1部 わが国の保険と年金
 第1編 医療保険制度および年金制度の背景と展望
 第2編 保険と年金の現状
   第1章 概説
   第2章 医療保険制度
   第3章 高齢者医療
   第4章 介護保険制度
   第5章 年金制度
   第6章 労働保険
   第7章 その他の関係制度
 第3編 社会保険制度のあゆみ
   第1章 社会保険の成立と展開
   第2章 医療保険制度
   第3章 年金制度
第2部 諸外国の保険と年金(イギリス、ドイツ、フランス、スウェーデン、アメリカ)
   第1章 国際交流
   第2章 医療保険制度
   第3章 年金制度
統計表(各編基本統計表)


目次はこちらをごらんください。
 
保険と年金の動向バックナンバー集電子版DVDのご案内


特別編集号  毎年12月下旬発行
  2013/2014年版 生命表特集
  B5判・128頁・定価(本体1190円 + 税)・送料実費 *0081300(H26.1)


毎年特別のテーマにより企画・編集されるもので、主要指標の年次推移など、各界の利用者から絶大な好評を得ている特別編集号。

 「平成22年都道府県別生命表における平均寿命の地域差分析」では、平成22年と17年の都道府県別生命表から、それぞれ、各都道府県の平均寿命と全国の平均寿命との違い(地域差)を、年齢階級別・死因別に観察しています。
 それにより地域差の要因は都道府県ごとに特徴があることがわかり、また地域差の変化や平均寿命の都道府県別順位の変化の要因を詳細に分析できることを解説しています。 都道府県の男女ごとに年齢階級別・死因別寄与がひと目でわかるグラフは必見です。

《主な内容》

1.第21回生命表の作成方法について

2.簡易生命表における平均寿命の延びの寄与年数への分解

3.平成22年市区町村別生命表における平均余命の誤差評価について

4.平成22年都道府県別生命表における平均寿命の地域差分析


目次はこちらをごらんください。

  最近号では、下記のものがあります。ご利用下さい。
・ '12/'13年 社会医療診療行為別調査の年次推移
・ '11/'12年 統計からみた国民生活の推移
・ '10年 患者統計の年次推移
・ '09年 感染症患者報告数の年次推移
・ '08年 世帯統計の年次推移
・ '07年 生活習慣病と関連統計の年次推移(品切れ)
・ '06年 少子化に関連する統計集
・ '05年 介護保険関連統計の年次推移−制度創設から5年間の主要統計−
・ '04年 疾病別総患者数の年次推移
・ '03年 衛生行政報告例の年次推移
・ '02年 交通事故死と家庭における不慮の事故死の年次推移(品切れ)
・ '01年 患者調査の年次推移 −都道府県別にみた受療率−
・ '00年 医療供給に関する統計の地域別年次推移 
・ '99年 世帯統計の歩みー国民生活基礎調査ー
・ '98年 老人福祉施設の年次推移

 特別編集号バックナンバーのご紹介ページへ



Top