メニュー

厚生労働統計地区別講習会 | 一般財団法人厚生労働統計協会|国民衛生の動向、厚生労働統計情報を提供

m header btn

一般財団法人 厚生労働統計協会

サイトポリシープライバシーポリシー

pmark     お問い合わせ

セミナー

厚生労働統計地区別講習会

 第52回 (令和4年度) 厚生労働統計地区別講習会の開催について

 令和4年度につきましては、新型コロナウイルス感染症の影響により昨年度同様、オンラインによる録画配信で行います。
 2022(令和4)年8月31日に各自治体様へ開催案内と受講申込要領を発送いたします。

 実施要領はこちら

 (実施要領には260名程度と記載していますが、人数制限はありません。講義内容につきましては、実施要領をご確認下さい。)

   この講習会は、厚生労働省のご後援を得て、一般財団法人 厚生労働統計協会が主催し、「厚生労働統計の普及および啓発を行い、その浸透により厚生労働統計の充実進展に寄与すること」を目的として、地方公共団体、保健所等の職員を対象に実施しているものです。

 

 なお、諸般の事情により、講義日程と受講申込み期間につきまして、以下のとおり変更させていただきます。

   

  (変更前) 1.講義日程      令和4年11月1日(火)~令和4年12月28日(水)

        2.受講申込み期限 令和4年10月14日(金)まで

 

  (変更後) 1.講義日程      令和4年11月15日(火)~令和5年1月13日(金)

        2.受講申込み期限 令和4年10月21日(金)まで

 

   ※お申込みの受付は終了いたしました。多くのお申込みをいただきましてありがとうございました。

   ※受講をお申込みいただいた方には、11月に視聴のご案内と資料を発送いたしました。

 

 お問い合わせ先

  一般財団法人 厚生労働統計協会 事業部
   TEL:03-5623-4123 

   お問合せフォーム:こちらをクリックしてください。

 

 第51回 (令和3年度) 厚生労働統計地区別講習会のご報告

 令和3年度につきましては、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に係る諸般の状況を鑑み、オンラインによる録画配信で行いました。

 

 第51回 (令和2年度) 厚生労働統計地区別講習会の開催中止について

 当協会では、例年、厚生労働統計の普及・啓発を目的として、厚生労働省及び開催担当県市のご後援とご協力の下に、厚生労働統計地区別講習会を開催しているところでありますが、令和2年度につきましては、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に係る諸般の状況を鑑み、中止させていただくことといたしました。

 参加を予定されていた県市の皆様には、誠に申し訳ありませんが、ご理解をいただきますようお願い申し上げます。

 

 第50回(令和元年度) 厚生労働統計地区別講習会のご報告

1538010153722

昭和45年度から毎年行われている厚生統計地区別講習会が、平成24年度より厚生労働統計地区別講習会と改めて8年目・第50回を迎え、令和元年9月26日から11月20日まで、全国7地区に分かれ、各2日間の日程で実施されました。

この講習会は、厚生労働省をはじめ、開催各都道府県・指定都市・中核市のご後援を得て、一般財団法人 厚生労働統計協会が主催し、「厚生労働統計の普及および啓発を行い、その浸透により厚生労働統計の充実と進展に寄与すること」を目的として、地方公共団体、保健所等の職員を対象に実施しているものです。

講習内容は以下の通り

・統計と統計調査

・統計制度

・記述統計の基礎

・推測統計の基礎

・標本設計

・生命表

・統計結果と数値の見方

・インターネット等の利用

・千葉県市原市における医療

・介護連携におけるデータ活用

 

開催各県市には、会場の設営、講習会の運営等ご高配を賜り、また、講師の先生方、受講者の皆様のご支援により、令和元年度の講習会も無事終了しました。関係の方々に厚く御礼申し上げます。

 

厚生統計テキストブック 第7版について

 

textbookver7 bannar

 

 厚生労働統計地区別講習会では、講義の際に当協会出版の「厚生統計テキストブック」を使用しています。

 わが国の保健衛生や社会福祉等、社会の実態を正確に把握する厚生統計の制度・方法について、どこよりも詳細に解説した便利な書です。

 統計制度の変遷や、実際の統計調査の流れ、正確な統計知識、最新の統計法規などの解説に加え、統計実務上必要な計算・分析方法など簡易な統計も掲載しており、実際に厚生統計実務に携わる方の実務書として、これから統計を学びたいという方の学習書・入門書としても広く利用できます。

 講習会に参加できない方でも、二日間の講義内容に沿っているため、是非ご検討ください。

 詳しくはこちらをごらん下さい。